グライシンガー社について

グライシンガーはドイツ南西部のレーゲンシュタウフに本社をおく産業用測定器メーカーです。高い能力をもつ開発・生産拠点として、測定機器、表示計、温度センサの分野において、豊富な経験をもつ技術者によって培われた多くのノウハウとスキルを蓄積しています。グライシンガーは常に積極的にマーケットのトレンドを探求し、新しいテクノロジーの開発に取り入れています。35年以上にわたる経験を通して、グライシンガーのスペシャリストとしての伝統が築かれています。グライシンガーの最初の製品は当時初めての、干し草の温度モニタリング用の温度センサでしたが、適格にマーケットニーズを満たすもので、その後のグライシンガーの成功の基礎を作りました。その成長の過程で、グライシンガー製品のポートフォリオは大きく広がりました。

35年の長きにわたって、グライシンガーは高品質な測定機器を求めるユーザーの要望に応えてきました。グライシンガーの成熟した測定テクノロジーは、マーケットニーズに敏感に答えられる能力に裏打ちされています。

数多くのトランスデューサー、表示計、センサに加えて、グライシンガーはマーケットにおいて最初で、主流となる高品質のハンドヘルド測定器を開発、生産しています。当初、産業分野の過酷で粗雑な使用条件を対象に開発されたグライシンガー製品は、小売り流通業における再販にも適した、手離れのよい汎用的な製品にも展開されています。年間10万台を超える製品がグライシンガーから供給されており、数千のグライシンガーユーザーの満足が、さらに優れた製品の開発、生産のモチベーションとなっています。グライシンガーでは常に最新の設備や機器を使用して、生産や品質管理を行っています。GHMグループの一員として、グライシンガーは、社内の業務プロセスや手順をさらに最適化させるための、継続的な改善プログラムに参加しています。このような弛まぬ努力によって、グライシンガーは常に“Made in Germany”の高品質な製品を提供し続けます。

品質標準と認証

コストパフォーマンスに優れ高品質なグライシンガー製品は、測定器を必要とする多くのユーザーに“常備備品”として使用されています。35年以上にわたって、グライシンガーは常に成長を続けており、最新の生産設備を使用した、効率的で高能力の生産プロセスが“Made in Germany”の高品質と競争力のある価格を実現しています。

全てのグライシンガー製品はドイツ国内で開発、生産されており、これによって高い品質標準を維持しています。グライシンガーの品質管理システムはISO9001:2008に準拠して認証されており、さらに、DINEN13980:2003に準拠して爆発の危険性がある雰囲気内で使用される機器に対しても認証されています。

Ex製品の94/9/EC指令(ATEX指令)への適合は、2003年7月1日から、EC加盟国において必須となっています。グライシンガーの開発、生産および販売は、2003年5月1日から、ATEX指令に準拠して認証されています。グライシンガーの幾つかの製品はこの標準に従って承認されています。

グライシンガー社日本総輸入発売元 株式会社 サカキコーポレーション
グライシンガー社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

商号 株式会社サカキコーポレーション
創業 1985年
法人設立 2001年
所在地 〒558‐0032 大阪市住吉区遠里小野5丁目10番25号
電話 06‐6608‐7800
FAX 06‐6608‐7799
Eメール お問合せ
URL http://www.sakakicorporation.co.jp/

株式会社サカキコーポレーションでは、総輸入販売元として、以下のメーカーの製品も取り扱っています:

サイトポリシー

当サイトの文書、カタログ、写真、イラストなどは株式会社サカキコーポレーションが著作権を有してます。
弊社の許諾なく、コンテンツの再利用、翻案、送信などに利用することはできません。また、当サイトの製品名などの各種名称は®、TMなどの明記がなくとも、弊社ならびに弊社が輸入・販売代理権を有する仕入先メーカーの登録商標を含む財産です。弊社以外の第三者は、許可なく使用することはできません。