OXY3610MP 溶存酸素トランスミッタ

ガルバニ電池式溶存酸素トランスミッタ

OXY3610MPは最長30mまでのケーブル長での測定ができる溶存酸素トランスミッタです。センサはガルバニ電池式で、流速0.3m/s以上の流れが必要となります。電極に温度センサが内蔵されており、自動で温度補正を行います。センサの校正は大気の1点で行います。

    ■ 特長
  • 自動温度補正
  • 入力の電気的絶縁
  • 大気1点校正

型番製品名/製品説明

OXY3610MP溶存酸素トランスミッタ

■ テクニカルデータ

センサガルバニ電池式、サーミスタ温度センサ
測定範囲(溶存酸素)0.00~25.00mg/ℓ
測定範囲(温度)0.0~50.0℃
精度(溶存酸素)±(0.2mg/ℓ+1.5%rdg)
精度(温度)±(0.1℃+1digit)
出力信号(O₂のみ)4~20mA(2線式-標準):RA[Ω]≦(UV[V]-12V)/0.02A
0~10V(3線式-オプション):RL>3000Ω
校正大気で1点校正
電気的絶縁入力を電気的に絶縁
応答速度τ₉₀10秒
センサ寿命約3年(使用状態による)
プローブ本体:φ12×220mm、ケーブル長:約4m
動作条件本体:0~50℃、電極:0~95%RH(結露なきこと)
センサ:最大耐圧300kPa、最小流量:0.3m/sから
電源4~20mA出力用:DC12~30V、0~10V出力用:DC18~30V
本体寸法82×80×55mm ABS製

資料請求・お見積り