GT10-CO2-1R CO₂濃度トランスミッタ

⾚外線(NDIR)⽅式CO₂トランスミッタ

GT10-CO2-1Rは赤外線(NDIR)方式のCO₂トランスミッタです。現場で測定値が確認できるディスプレイ付、アナログ出力はスケーリング可能です。CO₂は空気の質を示す重要な指標の一つであり、空気中の推奨CO₂濃度の上限とされる1000ppmを超えると、疲労感や、集中力の低下などを引き起こします。自動校正機能で経時ドリフトを補正し、高い安定性が持続します。

    ■ 特長
  • 長期安定性
  • 自動校正機能
  • 大気中の推奨CO₂濃度の監視に
  • 出力スケーリング可能

型番製品名/製品説明

GT10-CO2-1RCO₂濃度トランスミッタ

■ テクニカルデータ

測定範囲標準:0~2000ppmCO₂
オプション:0~5000ppmCO₂
測定原理赤外線方式(NDIR)
精度標準(0~2000ppm):±(50ppm+2%rdg)(@20℃、1023hPa)
オプション(0~5000ppm):±(50ppm+3%rdg)(@20℃、1023hPa)
出力4~20mA(3線式-標準):RA<200Ω
0~1V、0~10V(3線式-オプション):RL>3000Ω
何れの出力もスケーリング可
動作条件-10~+50℃、5~95%RH(結露なきこと)、850~1100hPa
保存条件-25~+60℃、5~95%RH(結露なきこと)、700~1100hPa
電源4~20mA出力用:DC12~30V、0~10V出力用:DC18~30V
本体寸法・重量82×80×55mm/225g ABS製

資料請求・お見積り