G1910-20 CO₂アラーム計

CO₂を使う現場環境の安全確認に

G1910-20はアラーム付きの二酸化炭素濃度計です。測定範囲2%までのCO₂濃度を測定でき、音と表示でのアラーム機能を備えています。オフィスの換気の指標として、二酸化炭素を使用する現場での安全管理の指標として使用できます。国内では日本産業衛生学会の許容濃度勧告では5000ppmの濃度とされており、安全衛生規則では1.5%の濃度の環境について立ち入り制限をしています。ビールなどアルコール醸造、飲料の炭酸封入などの現場、CO₂消火器・消火設備に関わる現場、不活性ガスとしてパック封入などの現場の衛生安全の用途に使用できます。

    ■ 特長
  • CO₂濃度2%までの広いレンジ
  • 2段階の濃度レベルアラーム
  • TWA(8時間の加重平均)による平均暴露濃度
  • %/ppm表示

型番製品名/製品説明

G1910-20CO₂アラーム計

■ テクニカルデータ

測定原理赤外線(NDIR)方式
測定範囲400~19999ppm、0.040~1.999%
精度±(200ppm+3%rdg)
測定周期2秒
機能最大/最小値表示、ホールド、TWA(時間加重平均)、2段階アラーム、オートパワーオフ
校正400ppmの大気、または校正ガスでのマニュアル校正
動作温度・湿度0~50℃、0~85%RH(結露なきこと)
保存温度-20~+70℃
電源単3型NiMH充電池×2(標準付属)(バックライトオフで約30時間)
充電マイクロUSBコネクタ
本体寸法・重量108×54×28mm/150g ABS製

資料請求・お見積り