ResOx5695 パッケージ内残存酸素濃度測定セット

パッケージの開発、検査の残存酸素測定に

食品などのガス置換包装のパッケージ内の残存酸素濃度の測定を行うための酸素濃度計のセットです。
粘着シールをパッケージに貼って、その上からセンサに接続した針を差し込み、ポンプで吸引しながら内部の酸素濃度を測定します。食品パッケージの開発、包装の抜き取り検査などにお使いいただけます。
メモリ内蔵で、オプションのソフトウェアを使ってデータを出力することや、オンラインでの使用も可能です。

■特徴
・ポンプ吸引でパッケージ内部の酸素濃度測定
・圧力補正
・電動ポンプで吸引
・シリアル、0~1V出力
・電池または外部電源駆動
・ケース付き

品番型名価格(税別) 

ResOx5695-Hパッケージ内残存酸素濃度測定セット(0~100%)¥198,100 

ResOx5695-Lパッケージ内残存酸素濃度測定セット(0~25%)¥205,500 

■ 仕様
測定範囲酸素濃度:0~100%(-H)、0~25%(-L)
温度:0~+50.0℃
気圧:500~2000hPa
精度酸素濃度:±0.31%(-H)、±0.21%(-L)
温度:±0.1%±1digit
気圧:±3hPaか±0.1%rdgの大きい方
機能最小/最大値表示、圧力補正
データロガー10,000データロギング、1000データ単発記録
ポンプ流量80ml/分
ポンプ最大負圧約-360hPa
ポンプポート内径4mmホース
セット内容GMH5695本体、ホース付きセンサプローブ、Tピース、フィルタ2つ、吸引針2本、ポンプ、粘着シール45枚、キャリングケース

資料請求・お見積り